プロパンガスの会社を乗り換えるメリットとデメリット

プロパンガスの会社を乗り換えるメリットとデメリット

subpage01

毎日の炊事や給湯には欠かせないエネルギーのプロパンガスですが、ランニングコストを考えたうえで安いと言われている電気や都市ガスより、はるかに光熱費が高いことで知られています。

毎月払い続けなければいけないものですので、少しでも料金を安くしたいと考える人が多いですが、今契約している会社を違う会社に乗り換えることで、料金を安くする方法があります。


まず一度契約した会社は、変更できないと思っている人が多いですが、これは間違いです。


1997年にプロパンガスの市場は自由化されており、それぞれの地域で決められた会社に契約しなければならない決まりはありません。

またエネルギーとして利用している電力や都市ガスが、これまで公共料金という色が濃いものであったために、プロパンもそうだとかなりの人が思っています。

しかし料金は全くの自由価格で、国は一切関与していないため、高めに料金設定している会社もあるのに、別の安い会社に乗り換えることはできないと勘違いしている人も数多くいます。では契約会社を換える場合のデメリットとは何でしょうか。第一に換える先の会社を探すのが、容易ではないということです。

電話帳やインターネットで会社を見つけることができても、果たして現在の契約会社より料金は安いのかはわからず、また破格の料金が表示されていたとしても、継続的に安いままの保証はありません。現在の契約会社にも解約手続きをする必要があり、違約金の問題が発生する場合があります。

ガスの乗り換えの安心情報、今すぐ確認してみましょう。

しかし個人で乗り換える会社を探すのではなく、仲介業者を経由することで、そのデメリットは解消されます。

メリットとしては、今のガス代が安くなることが一番です。



従量単価が高めの地域であれば、そのメリットも大きくなります。



料金の内訳も透明性を増し、不当な値上げの心配もなくなります。
原料の値下げや円高などで仕入れ値が下がれば、料金も安くなる可能性もあるのです。

ガスの乗り換えの基本知識

subpage02

毎日の生活は様々なライフラインによって支えられています。電力や水道に通信といった要素の安定供給も確かに重要です。...

NEXT

ガスの乗り換え関係の真実

subpage03

家計簿を付けている時に、固定費を安くできないかと思ったことはありませんか。固定費は、毎月出ていく費用ですから、ここを節約できれば家計がかなり楽になるかもしれません。...

NEXT

ガスの乗り換えの納得の事実

subpage04

ガスの乗り換えの手続き自体はそれほど難しくありませんが、誰もが検討し始める理由に「もっと料金を安くしたい」というのがあるのではないでしょうか。たくさんの会社が名乗りを上げていますから、今使っている会社との違いをしっかり見極めておかないと、せっかく手続きを終えて切り替えたはずなのにかえって料金が高くなってしまったと驚く方もいるからです。...

NEXT

ガスの乗り換えを詳しく知りたいなら

subpage04

自由化によってガス会社の乗り換えを検討している方もいるはずです。しかし、面倒な手続きが必要なのではないかと考えると少しためらってしまうこともあるでしょう。...

NEXT